離婚が決まったら仕事探しが待っている

39歳の専業主婦が仕事を見つけられるのか


離婚話を元旦那さんから言われた当時、私は39歳の専業主婦でした。

離婚を告げられてからも元旦那とは3年間仮面夫婦として暮らしていましたが、その間生活費として元旦那が支払ってくれたのはマンションのローンだけ。

水道代や電気代は引き落としになっていたから良かったものの、元旦那さんはそれ以外の生活費を支払う事を拒否するようになりました。

(今思えばいざ離婚しようとしても貯金が一切なかった彼は、おそらく離婚資金をためるために3年間仮面夫婦を続けていたんだと思います)


その頃はもう私の話に全く聞く耳を持ってくれなくなっていた元旦那さんに、お金の話をしても無駄だろうなと思い、とにかくすぐに仕事探しを始めました。


アラフォーで専業主婦で資格もない私がなにができるのか。

シングルマザーになるなら、正社員の方がいいんじゃないか。

というか、本当に仕事が見つかるのか。


いろいろな不安が頭を駆け巡りましたが、とにかく切羽詰まっていたので、派遣、事務、販売、コンビニとあらゆる求人に応募してみました。


結果として派遣に登録したものの住んでいる場所が地方だからか、1か月程度の単発の仕事しか紹介してもらえず、接客は土日出勤できなければだめとのこと。(息子のことを考えると土日は働けませんでした)

十数件不採用になった末に受けたコンビニの面接で落ちた時には、もう仕事なんて見つからないんじゃないかと思いました。

完璧な条件ではないけれど仕事が見つかった

そんなある日、求人情報誌を読んでいたら自宅近くでデータ入力の仕事を募集しているのを見つけ、1年間の期間限定というのが気になりつつが応募したところなんと採用の連絡がきたんです!

仕事は本当に単調でつまらないものでしたが、9時17時で働けて、社会保険も入れる条件は私にはもったいないくらい。

でも何といっても1年契約、1年後には40歳になってしまうからもっと職探しは厳しくなるはず。

だとすればここは断って正社員の仕事を探したほうがいいんじゃないか、という葛藤にとても悩みました。


でも結局は背に腹は変えられず、その職場で1年間働くことを決めました。

この決断がその後の人生に大きな影響をもたらしたと思っています。

転職成功

本当に最初の仕事探しは大変でしたが、それから1年後、予定通りまた職探しをしなければなりませんでした。

39歳であんなに大変だった私に、仕事は見つかるんだろうか・・・

でもそんな不安をよそに、次の仕事探しはなんと1度の面接で即正社員採用になったんです。

小さい会社でお給料はそう多くはなかったですが、まさか正社員として雇用してもらえるなんて思っていなかったのでとてもびっくりしました。


働き始めてしばらくたってから社長に「なぜ私を雇ってくれたんですか?他にも若い子たくさん応募していたのに」と聞いたところ

「今どきの若い子はすぐに辞めてしまうし、向上心がないんだよね。その点主婦の人は責任感もあるし、休まず一生懸命がんばってくれるからたよりになる。

でも、もしあなたが専業主婦で応募してきたのなら採用しなかったと思うよ。ここに来る前に1年社会経験を積んだっていうのが大きかった。

それがどんな仕事であっても社会と関わりを持って働いていた人と、そうでない人とでは意識が全然違うから」


そういわれた時に、最初の1年間は無駄ではなかったんだととても嬉しく思いました。


経営者からすればずっと主婦をしてきた人を雇用するのはとても不安があるんだそうです。

確かに家族やママ友だけの世界で生きていると、どうしても視野が狭くなってしまう部分はあるんですよね。
私も実際そうでしたから。


だからこそコンビニのバイトでも、単発の仕事でもいいから社会と接点を持った人を雇いたいと社長は思ったんだと思います。


社長は「主婦の人は優秀な人が多いのも事実だから、本当はもっと雇いたいんだよ。でもやっぱり子育てに集中しているとどうしても社会性を忘れがちなんだよね。もったいないよね。」とも言っていました。


離婚の悲しみの中、仕事を探すのは精神的にも大変なものです。

その上なかなか採用してもらえない期間が長引くと、一歩も前に進めなくなってしまいます。

正社員にこだわって選択肢の幅を狭くしてしまうよりも、まずは社会復帰の第一歩として自分にできる仕事を探してもういちど社会とのつながりを持ってみるという選択肢から始めてみるのも私はありなんだと思いました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加