どうしても伝えたいこと

(内容ちょっと暗めです)

 

私の直接の知り合いではないのですが、

離婚問題でとても悩んでいた女性がいました。

 

もしつながりが持てるなら、

私で良ければ少しでも話を聞けないかなと思っていた矢先、

 

 

彼女は遠い所へ旅立ってしまいました。

 

 

顔も見たこともないし、

話をしたこともない。

簡単な状況しか聞いていなかったけれど、

しばらく心が重くて重くて。

 

 

会った事のない彼女の事が

ずっと頭から離れませんでした。

 

 

 

彼女の気持ちがとてもよくわかるから。

旅立つことを選んでしまった気持ちがよく分かるから。

同じ闇をのぞいたことがあるから。

その闇に、何度も飛び込んでしまいたい気持ちに

なったことがあるから。

 

 

その闇に飛び込んでしまえば、

辛いこと全部忘れてきっと楽になれるはず、

いやだめだめ、ここから離れなくちゃいけない。

 

そんなふうに思いとどまったのは

1度や2度じゃない。

 

 

本当に強くふんばっていないと

引き込まれそうなくらい、

深い深い闇でした。

 

 

 

そんなギリギリのところから

現実に引き戻してくれたのは、

息子だったり友達だったり。

 

彼女にも、彼女のことを

必死につなぎとめようとしていた

人達がいました。

 

 

 

それでも彼女はいなくなってしまった。

 

 

いくら家族や親しい人であっても、

ギリギリの闇のふちでふんばっている人を

光の中に引き戻すのは

本当に本当に難しいことです。

 

 

最後に決めるのは自分。

飛び込むか、思いとどまるか。

 

 

だって楽になりたいですもん。

毎日毎日死ぬほど苦しいんですから。

 

 

すべてを終わりにできるなら、

その闇に吸い込まれても良いくらい。

 

いつ終わるかも分からないんだから。

誰も助けてくれないんだから。

一人で、辛くてつぶれてしまいそうなんだから。

 

 

でも、そこを何とかふんばって、

闇の淵で座り込んで、

飛び込まずにじっとしていてくれたら。

ただ時間が過ぎるのを待っていてくれたら。

 

 

いつかきっと「ここを離れてみようかな」と

思う気持ちがでてきます。

 

 

あ、ここにいちゃいけない。

離れなきゃって。

 

 

自らの足で離れる気持ちにならなければ、

本当に闇から離れることはできません。

 

誰かが手を強く引っ張っても、

本人にその気がなければ

どうすることもできないんです。

 

 

辛くて苦しい孤独な戦いです。

 

 

でも

誰も助けてはくれないし、

誰かを巻き込むことはもちろんできない。

 

 

このブログを読んでいる方の中にはきっと、

今回旅立ってしまった彼女と同じように

今まさに闇に飲み込まれそうに

なっている方もいるかもしれません。

 

 

楽になりたいですよね。

心がちぎれそうなくらい辛いもんね。

 

 

でもその闇のふちで、

ギリギリのところで、

しゃがみこんでてもいいから。

もう少しだけ、

もう少しだけ飛び込まずに

こちらの世界にいてほしい。

 

 

飛び込むのはいつでもできるから。

ただ時が過ぎるのを待ってみてほしい。

 

 

それだけでいいです。

 

 

時間はちゃんと流れていきます。

 

 

人は同じ場所に

とどまり続けることはできません。

 

 

 

必ず状況が変わる時がきます。

 

 

立ち上がってその場から離れてみようと

思える日が必ずきます。

 

 

 

それまで膝を抱えて

しゃがみこんでいてもいいから、

どうかぎりぎりのところで

とどまっていてほしい。

 

 

同じ苦しみを味わった者からのお願いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です